Home > お悩み解決Q&A > 費用・資金計画について

費用・資金計画について

物件やリノベーションの内容によって異なります。フルオーダーメイドの場合は、目安として800〜1,500万円程度をお考えください。また、ご予算からの設計・施工も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

○現在お住まいのマンションをリノベーションされる場合で、
住宅ローンを利用したときは、借入金にともなう諸費用(借入申込契約印紙代、融資手数料、ローン保証料、火災保険料及び地震保険料、団体信用生命保険料等)が必要になります。
○中古物件を購入してリノベーションされる場合
物件購入費と諸費用(取得時の契約印紙代、登録免許税、登記手数料、不動産仲介手数料、不動産取得税等)が必要になります。
○工事期間中に仮住まいされる場合は、その期間の入居先費用は別途必要になります。

最近では、政府が中古住宅ストック活用を推進していることやリノベーション自体の需要の高まりを受けて、リノベーションも新築と同じように、住宅金融公庫や年金住宅融資などの公的ローンを受けられます。民間ローンでも、各銀行がリノベーションの際に有利な住宅ローン商品を続々出してきています。なかには、中古物件購入・リノベーション費用・諸経費までを一本化できる便利なローンも出てきています。いずれにせよ、お客様のご要望に合った返済計画をご提案いたします。まずはご相談ください。

○お住まいのマンションのリノベーションにあたり、住宅ローン等を借入れされた場合
ローン返済期間が10年以上の場合、住宅ローン控除が受けられます。その場合、住宅ローン控除を受けるには、取得者自身が居住され、工事費100万円以上の大規模なリフォームで、登記簿上の床面積が50m2以上の一定の耐震基準を満たすことが条件となります。
○中古物件を購入された場合
不動産取得税の軽減措置があります。その物件の新築時期によって異なりますが、床面積が50m2~240m2 以下で、新築後25年以内(木造は20年以内)または一定の耐震基準を満たしており、取得者自身が居住されれば受けられます。


株式会社 竹原工務店

富山県富山市下赤江町2丁目2番27号 0800-888-2277

Copyright(c) 2009 TAKEHARA Builder Co.,ltd All Rights Reserved.